夢と魔法の国、東京ディズニーランド!へ行ってきた

この間の休日に東京ディズニーランドに行きました。1年ぶりのディズニーは、大人の私でもわくわくしてしまい、開園待ちの時からそわそわしていました。開園すると、走らないでくださーい!とキャストさんみんなが言っていました。そんな声も無視して走り続けるゲストたち。ルールもマナーも守れない日本人は世の中たくさんいることは知っていたけれども、まさかディズニーへ来て思い知らされるとは思っていませんでした。もちろん早く入場して、誰よりも早くファストパスを手に入れて、色々なアトラクションに乗りたい!という気持ちもわかりますけど、ルールやマナーは守るべきなのでは?と思いました。数年前よりかは改善され、走っている人はチケット没収、年間パスポートの人は出禁、等聞いていましたが、それくらいしなきゃいけない現状がとても悲しいです。みんな楽しんで来ているのに、走っている人にぶつけられ転んでいる人を偶然見てしまい、残念な気分でした。ディズニーランドが悪いわけではなく、日本人のルールやマナーに対しての考え方が気になってしまう日となりました。

夢と魔法の国、東京ディズニーランド!へ行ってきた