断捨離はむずかしいよ。どうしても捨てられないだし

ぼくは、後々に対して戸惑いを有する。だから断捨離ができない。
中でも着物。後々、着物すら着れなくなったらマジじゃないか。
着物を貰うのにお金がかかったら、もったいないじゃないか。
へそくりはあるのに、お金が尽きるんじゃないかっていう不安がある。
それが恐いのだ。
でも、それじゃあミニマリストにはなれないな。
ぼくは私の容量で、やっていかなければならないのだ。
たとえば、3枚買った、ラルフローレンキッズのポロシャツ。
3枚で15000円もした。15000円の外套も買った。金額3万円。
3万円もあれば、何ができる?馬鹿惜しいじゃないか。
速く、着てあげたい。痩せて、着てあげたい。20寸法痩せて。
断捨離はしんどい。ほとんど捨てられない。
以前への執着が凄くて、捨てられないのだ。
次に痩せたら、ラルフローレンで着物を買おうかな。
どっちみち本日、クローゼットの肥やしになっているのだから。メルカリで売ろうかな。
そしたら3000円ぐらいにはなるんじゃないか?それなら引け目も弱まるんじゃないか?

断捨離はむずかしいよ。どうしても捨てられないだし