夢と魔法の国、東京ディズニーランド!へ行ってきた

この間の休日に東京ディズニーランドに行きました。1年ぶりのディズニーは、大人の私でもわくわくしてしまい、開園待ちの時からそわそわしていました。開園すると、走らないでくださーい!とキャストさんみんなが言っていました。そんな声も無視して走り続けるゲストたち。ルールもマナーも守れない日本人は世の中たくさんいることは知っていたけれども、まさかディズニーへ来て思い知らされるとは思っていませんでした。もちろん早く入場して、誰よりも早くファストパスを手に入れて、色々なアトラクションに乗りたい!という気持ちもわかりますけど、ルールやマナーは守るべきなのでは?と思いました。数年前よりかは改善され、走っている人はチケット没収、年間パスポートの人は出禁、等聞いていましたが、それくらいしなきゃいけない現状がとても悲しいです。みんな楽しんで来ているのに、走っている人にぶつけられ転んでいる人を偶然見てしまい、残念な気分でした。ディズニーランドが悪いわけではなく、日本人のルールやマナーに対しての考え方が気になってしまう日となりました。

夢と魔法の国、東京ディズニーランド!へ行ってきた

名探偵コナンのマンガを集めるのに夢中です

最近になって『名探偵コナン』のマンガを集めるのに夢中です。と言っても、通販で購入しているのですが。昔からマンガを読むのが大好きなので、紙の本って懐かしくて良いものですね。電子ブックも良いけど、紙も捨てがたいです。

赤井さんが登場する巻ばかり集めているのですが、初期は怪しさ全開ですね。原作者の青山先生いわく「ミスリードを狙っていた」そうですが、見事に騙されました。普通に赤井さんは敵だと思っていましたから。まだ疑っていますけど。

敵だと思っていたら味方でした。かと思いきゃ、やっぱり敵でした。というパターンも有り得ますからね。でも、赤井さんが敵になったらコナン君が泣きそう。もしかしたらコナン君のことだから、それすら読んでいるのかも知れませんね。

個人的にはジンが味方だったら面白いな、と思うのですが。今のところ味方になってくれそうな気配はありませんね。コナン君が組織を壊滅させて、新一に戻って、さらに蘭ねえちゃんと結ばれる日まで。応援し続けたいですね。漢生爽楽 評価

名探偵コナンのマンガを集めるのに夢中です